被災者のためにできることを~令和元年台風19号災害義援金を寄付~

2019.11.12


11月6日(水)午後2時、栄西連合町内会の大竹實会長が東区役所の佐々木康之区長を訪れ、日本赤十字社を通じて、令和元年台風19号災害の被災者に送る義援金10万円が手渡されました。

この義援金は、10月31日(木)に開催された栄西連合町内会役員・単位町内会会長合同会議の中において、昨年の北海道胆振東部地震災害の被災地への義援金に続くものとして、「この地域から少しでも被災された方々のためにできることをしよう!」と臨時議案として満場一致で可決されたものです。

改めまして、被災された皆様方へ謹んでお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復興を心よりお祈り申し上げております。

このサイトは、東区の連合町内会連絡協議会が作成しています。