栄東、町内会の夏まつり真っ盛り(その5)

2019.08.11


8月11日は、道営栄町団地の栄町団地親交会と栄町町内会の夏まつりが開催されました。

栄町団地では、「ふれあいカーニバルin Sakaimachi」と名づけて開催。役員の高齢化が進んでいますが、他団体(企業)とコラボして飲食や盆踊りは担ってもらい、祭りのスタッフ不足を解消する工夫をしていました。体力を使う焼き鳥、焼きそば、盆踊りは他団体(企業)が担い、一部飲食物は町内会が買い上げて会員に配布するとともに、ヨーヨーコーナー、射的、スイカ割、ビンゴゲームなどは町内会で実施という役割分担して実施していました。午前10時にスタートし、節目節目にパークゴルフ、スイカ割、ビンゴゲーム、そして子ども盆踊りという人気のプログラムを入れて終日楽しめる内容したのが特徴です。

栄町町内会は、4分区全体で実施していた夏まつりを単独で実施するため、役員宅の敷地を会場にして雨でも倉庫で開催できるような工夫をして実施しました。開催時間も2~3時間にして、スタッフにあまり負担のないように配慮しています。メニューはジンギスカンなどの焼肉ですが、炭火を熾した本格的なもので、皆さん口々に「おいしい」と大評判でした。”豪華景品”の抽選会は、女性部が担当。くじの結果に参加者の皆さんが大いに沸いていました。

10日続いた真夏日もうそのように気温が下がってきています。各町内会の夏まつりも終盤に差し掛かり、そろそろ秋風を感じる時期の到来が近づいています。


このサイトは、東区の連合町内会連絡協議会が作成しています。